テキサスホールデムポーカ

テキサスホールデムポーカーは世界で最もプレイヤー数の多い、ポーカーの中でも花形的な超人気ゲームです。プレイヤーの数は1億人を軽く超え、世界大会が開催されたり、芸能人や一流スポーツ選手などといった多くの著名人にも愛されています。

ここではこのテキサスホールデムで使われる用語やルール、遊び方、戦略など、初心者でもわかるように簡単にご紹介していきます。

テキサスホールデムとは

テキサスホールデム(Texas hold ’em)とは、テーブルにコミュニティカードと言われるプレイヤー全員に配られる共通カードがあるのを特徴としたフロップポーカーの一種です。

勝つためには運だけではなく、スキルや戦略が必要。通常は2〜10人のプレイヤーとディーラーでプレイします。

テキサスホールデムのルール

プレイヤーはディーラーから2枚のホールカードを配られ、ボードに5枚のコミュニティカードが配られます。各プレイヤーはその2枚と5枚の合計7枚からベストと思える5枚のカードでハンドを作りあげ、勝負します。

テキサスホールデム基本用語

テキサスホールデムでよく使われる用語をご紹介します。

オールイン 持っているチップを全部賭けること
コミュニティカード プレイヤー全員が共有できるカード
コール 前に行われたベットと同じ額を賭けること
ショーダウン ポーカーゲームの最後のアクションの段階
ターン 4枚目のコミュニティカードの段階
チェック ベットをしないで次のプレイヤーに順番を譲るアクションのこと
フォールド そのラウンドから引き下がること
ブラインド 強制ベットの一種で、参加料のようなもの
ブラフ 弱いハンドを持っているのにあたかも強いハンドを持っているような演技をし、相手にプレッシャーを与える技術
フロップ 最初に配られる5枚のコミュニティカードの段階
プリフロップ フロップの前に行われるゲームの段階
ベット お金を賭けること
ホールカード 裏向きのカード
リバー 5枚目の共通カードの段階
レイズ 前のベットにコールし、さらに追加で既に行われているベットよりも多い金額を賭けること

テキサスホールデムの遊び方

テキサスホールデムのプレイの流れは次のようになります。

  • カードの配布

プレイヤー全員にホールカードが2枚づつ配られます。

  • プリフロップ

2枚のカードを見て、チップを賭けることもできますし、降りることもできます。

  • フロップ

コミュニティカードの5枚のうち、3枚のカードが公開されます。

  • ターン

フロップと同じように賭けるか降りるかの判断をします。

  • リバー

ディーラーが表向きにカードを1枚配り、また同じように賭けるか降りるかを決めます。

  • ショーダウン

残っているプレイヤー同士で持ち札を公開し、勝敗が決まります。

以上のように、基本的に自分の順番が回ってきた時にとるアクションは「前と同じ金額を賭ける」「金額を上乗せする」「降りる」の3つとなります。

ポーカーハンドランキング

ハンドランキングは知識として必ず役に立ちますので、ちょっと頑張って覚えてみるのをおすすめします!

  • ロイヤルフラッシュ
  • ストレートフラッシュ
  • フォーオブアカインド
  • フルハウス
  • フラッシュ
  • ストレート
  • スリーオブアカインド
  • ツーペア
  • ペア
  • ハイカード

テキサスホールデムで勝つために使える戦略

テキサスホールデムは、運だけではなくプレイヤーのスキルが結果に反映するゲームです。慣れるまで無料ゲームなどを使って、練習を積み重ねると良いでしょう。

  • 自分のハンドを素早く分析する
  • 他プレイヤーのプレイスタイルを観察する
  • 迷ったときはフォールドする
  • オッズを知っておく
  • 自分の気分ではなくカードの内容で勝負する
  • お金がないときはプレイしない
  • コツコツ練習する

まとめ

テキサスホールデムのルールはそこまで難しくありません。ゲームの流れさえ把握しておけば初心者でもすぐにプレイできます。ただ、運だけで勝ち続けていけるようなタイプのゲームではないので、安定して結果を出していくにはハンドランキングを覚えたり、戦略を立てたりして、ある程度下準備をしておく必要があります。

オンラインカジノではリアルマネーを賭けてプレイも可能なので、この機会にぜひ、無料ゲームから始めてみてはいかがでしょうか!